オーダージャケットはラペルで変化をつける

オーダージャケットは正確な採寸により体にフィットした着心地が魅力です。
また、細かな部分についても自分好みのデザインが叶うという点も大切なポイントです。

利便性を重視したauに有効なサイトの紹介です。

オーダージャケットのデザインで、こだわりたいポイントのひとつにラペルがあります。

iPhone7の予約についての総合情報ポータルサイトです。

ラペルは、ジャケットの下襟部分のことで、体の正面、顔の近くにあることからジャケットの印象を決める重要なパーツです。

ラペルの種類には代表的なものがいくつかあります。

大きく分けるとノッチドラペルとピークドラペルというものがあり、ノッチドラペルは最も定番の形で、上襟とラペルの縫い合わせの線がまっすぐで、襟先がシンプルなV字を描きます。

シングルジャケットに多く見られます。
ピークドラペルは、ラペルの先端が上向きにとがったタイプで、ダブルのジャケットやフォーマルスーツのジャケットに多いタイプです。


これらの中間のセミノッチドラペル、セミピークドラペルといったタイプもあります。


これらの形に加えて、ラペルの幅でも種類が分けられます。幅7.5~8.5cmをレギュラーラペルといい、それより細いものをナローラぺル、太いものをワイドラペルと呼びます。ナローラぺルはスタイリッシュな印象に、ワイドラペルはフォーマルな印象が強くなります。



見せたい印象に合わせて選んでみてください。
オーダージャケットのラペルは、このように様々なタイプを選ぶことができます。もともと持つ印象に加えて、自分の体型や職業、なりたい雰囲気に合わせて選ぶことが大切です。